ふるさと納税で熊本地震の被災地の復旧・復興を支援しよう!

スポンサーリンク

 

ふるさと納税のお得な最新情報をゲット♪
⇒ふるさと納税体験会メルマガ登録はこちら

ふるさと納税で熊本地震の被災地の復旧・復興を支援しよう!

2016/4/14から震度7の熊本地震が発生し、被災地の復旧・復興が
急がれています。少しでも私達に協力できることは何かと考えた時に、
ふるさと納税は一つの有効な支援となります。

 

 

ふるさと納税 熊本地震 被災地 支援 

 

 

ふるさと納税支援の方法として、以下2サイトから寄付金申請できます。

 

 

ふるさとチョイス

 

ふるさとチョイスでは熊本県の各自治体へのふるさと納税を始めとして、
代理受付自治体への寄附も受け付けています。

 

 

つまり、熊本県以外の代理の自治体が寄付金をまとめて熊本県へ
送ってくれます。被災直後の熊本の市役所等は、目の前の対応に
追われていたりとバタバタして、ふるさと納税の対応をしている時間も
取れないかも知れませんので代理制度を使うのも一つかと思います。

 

 

さとふる

 

さとふるサイトでは、熊本県南阿蘇村、菊池市への寄附を受け付けています。
特に南阿蘇村はニュースでも大きな被害が報道されています。

 

 

ふるさと納税 熊本地震 被災地 支援

 

地震や水害等、いつ災害が自分の身に起こるか分かりません。
そんな時に日本中から手軽に支援できるのがふるさと納税という
仕組みではないでしょうか。

 

 

まだ限度額に余裕がある方は是非ともふるさと納税で支援しましょう!
もちろん、ふるさと納税に限らず、いろいろな募金活動や
ボランティア活動も募集していますので、少しだけでも熊本県のために
協力できたらと思います。

 

 

一刻も早い復旧・復興を願っています。

 
スポンサーリンク

ふるさと納税で熊本地震の被災地の復旧・復興を支援しよう!関連ページ

ふるさと納税 ワンストップ特例制度
2015年4月からふるさと納税のワンストップ特例制度が開始されます。控除上限が2倍になり、確定申告が不要になるので、ますますふるさと納税がメジャーになること間違いなしです。
2015年度よりふるさと納税控除額上限2倍へ検討
2015年度よりふるさと納税の税金控除額を現状の住民税10%分から2倍の20%へ引き上げる検討を行っているとのこと。また、ネックであった確定申告を不要にして年末調整といった簡易化を検討中。ふるさと納税がもっとメジャーになってよりよい特産品をいただけるチャンスが増えそうなGOOD NEWSです。
サイネックスがふるさと納税事業請負へ
サイネックス<2376>がふるさと納税関連の事業を一括して請け負うというニュースが流れました。それを受けて株価はストップ高へ。それだけふるさと納税事業には潜在的に大きなインパクトがあるのです。
2016年度より企業版ふるさと納税創設へ
2016年度より企業版ふるさと納税を創設すると政府が発表しました。つまり、個人の住民税ばかりと思いきや、企業も法人税を優遇対象とするようです。 一体特産品はどうするのだろう?金額も個人と比較にならないでしょう。ここでも自治体の特産品戦争が幕を開けるのでしょうか!?お楽しみに。
鬼怒川決壊の常総市をふるさと納税支援しよう!
2015/9/10記録的大雨による鬼怒川の堤防決壊で常総市が浸水被害にあいました。ちょうど常総市ではふるさと納税を受け付けていますのでまだ限度額に余裕がある方は是非ともふるさと納税で支援しましょう!
ふるさと納税大感謝祭
ふるさとチョイス主催のふるさと納税大感謝祭に参加してきましたので体験記を記します。2016年は10/22,23で横浜赤レンガ倉庫にて、2015年は9/26,27に品川にて開催され大盛況でした。多くの自治体が出店して特産品の試食でほぼ食べ呑み放題。
ふるさとチョイスcafeで身近に感じるふるさと納税
2016年7月1日に有楽町にオープンした「ふるさとチョイスcafe」にさっそく行ってきましたのでレポートします。

 
トップページ サイトマップ 基本講座 ランキング 体験記 裏技集 メルマガ お問合せ